Site Navi

Categories

>Column>中古クレーンを買うときに見ておくべきポイント

中古クレーンを買うときに見ておくべきポイント

メンズ

土木や建築作業の際に活躍するクレーン車は、業務に欠かせない車両として人気を集めています。近年では新車だけでなく、中古クレーンの数も増えてきている為、コストを下げて導入する事も可能です。初めて中古クレーンの購入を考えている方は、価格だけに注目しがちですが、価格以外にも動作は完璧に動くのか、点検整備記録簿は付属しているのか、補強板の強度は良いのかなどを確認しておきましょう。特に動作確認の際は、エンジンを実際にかけて諸動作や制動性能をチェックする事が大切です。点検整備記録簿は付属していない車両もある為、なるべく始めに確認しておきましょう。点検整備記録簿があれば前オーナーがどのようなメンテナンスを行ってきたのかを把握する事が出来ます。

中古クレーンの購入を検討する際、見落としてしまうポイントも多いので、後悔する前にしっかりチェックする事が大切です。クレーン作業は危険を伴う作業も多いので、万が一の時に安全装置が働かないと大変なトラブルとなり、怪我をする恐れもあります。中古クレーンを購入する時はなるべくクレーン専門店など、知識やメンテナンス技術のあるお店で依頼すると良いでしょう。また、購入前に動作確認をしても、現場で使っているとトラブルが起きる可能性も少なくありません。エンジンを掛けた時に、回転数を上げた時と通常時の両方で確認しておきましょう。少しでも異音やタイムラグがある場合、担当スタッフに相談して直せるかを聞いておきましょう。

クレーン